2020/05/25 18:28

現在Perrotinパリでは、パリを拠点とする26のギャラリーを招待し、それぞれに所属する様々なアーティストの作品を発表するプロジェクト「Restons Unis 共に歩もう」展を開催しております。本展は、2週間ごとに6〜7ギャラリーが出展し、合計4回の展示会が行われます。
このプロジェクトは、コロナウィルスにより閉鎖されていたパリのギャラリーの再開を記念し、改めてアートを直に体験する素晴らしさを謳歌することを意図しています。また、様々な困難が続くなか、今こそ原点に立ち戻り、多様性、開放性、そして芸術への取り組みを再考する時だと考えています。

展覧会第一弾は、このプロジェクトの発起人でありPERROTINの創設者であるエマニュエル・ペロタンへの敬意を表し「エマニュエル」と名付けられ、6つのギャラリーが参加します。

参加アーティストは、

マリオン・バルーク
ブレア・サーマン
イザベル・コルナロ
ピオトル・マコウスキー
アド・ミノリティ
ステファン・リンク

展覧会の様子はこちらでどうぞ👀👇

https://leaflet.perrotin.com/view/10/restons-unis-emmanuel