2020/09/09 19:26


本日、ペロタン106にてピエール・ギュヨタによる小説『エデン・エデン・エデン』(1970) の出版50周年を記念する朗読会を行いました。

1970年に出版された『エデン・エデン・エデン』は、発行後瞬く間に当時の知識層(ロラン・バルト、ミシェル・フーコー、ミシェル・レーリス等)の絶賛を集めるが、猥褻文書として即発禁処分となってしまった伝説的な作品。
その出版50周年を記念し、ペロタン106では日本ならではのパフォーマンスが行われました。







各国にて開催される本企画には、ポンピドゥー・メス(フランス)、ガレージ・ミュージアム(モスクワ)、CCA(テルアビブ)、アーティスツ・スペース(ニューヨーク)などが参加しております。

企画について詳しくは:eden50.org (英、仏)


企画:ドナシアン・グロー、ミカエル・フェリエ

参加者:
フランソワ・ビゼ(義太夫節)
鶴澤三寿々(三味線)
村石麻子(翻訳)
フレデリック・マーシャル(尺八)